祇園御霊会


平安時代、日本は各所で様々な厄災に見舞われました。 疫病の大流行や、富士山の噴火、貞観大地震などです。 これらの疫病や災害は、当時、無実を訴えながら死んでいった人が、御霊となって引き起こすと考えられていました。 そこで御霊を鎮め災厄を祓うために、貞観5年(863)、神泉苑で初めて国家的に御霊会が行われました。 早良親王、伊予親王など6人の御霊の霊座を設け、 経典の演述や、雅楽の演奏、舞などが奉納されました。 以来、御霊会は京都畿内より他国へと広まり、歌舞や相撲、騎射などが行われました。 貞観11年(869)には、当時の全国の数である66本の鉾を造り、神泉苑で厄払いをしました。 この鉾の巡行に山車をつけたものが、現在の祇園祭へと繋がっていきます。